イエカラ薬局 > お薬に関する記事 > 

鎮痛剤は通販で購入がお勧め!?市販薬で痛みが引かない時の方法とは

鎮痛剤は通販で購入がお勧め!?市販薬で痛みが引かない時の方法とは

こんにちは、イエカラ薬局の丸井です。

怪我や頭痛、生理痛などの症状により、痛みを感じる事はありますよね?

そんな時、市販薬の鎮痛剤(痛み止め)を購入し、服用したのに、なかなか症状が改善されず、痛みを我慢するしかない。

なんてことを経験した方は少なくないと思います。

今回は、市販薬の鎮痛剤(痛み止め)が効かなかった時の対処方法について説明していきたいと思います。

鎮痛剤(痛み止め)とは

鎮痛剤(痛み止め)とは

そもそも鎮痛剤(痛み止め)とは何なのかについて、先に説明していきたいと思います。

鎮痛剤(痛み止め)は痛みに対する鎮痛作用のある医薬品の総称です。

身体の炎症部分や、負担のかかっている部位に対して、使用することで、一時的に局部から発生する痛みを抑える作用があります。

身体の痛みや負担は現代社会において、付きまとってくることが多いですよね?

そんな時に市販薬の鎮痛剤(痛み止め)を使用し、改善や治療を行っていくことも重要になってきます。

鎮痛剤は薬局やドラックストアでの取り扱いは?

鎮痛剤は薬局やドラックストアでの取り扱いは?

鎮痛剤は薬局やドラックストアでの取り扱いはあります。

その鎮痛剤とは、誰しもが聞いたことのある、ロキソニンSイブという薬なんです。

これらの薬にも幾つか種類があり

・ロキソニンS

・ロキソニンSプラス

・ロキソニンSプレミアム

の3種類があります。

またイブの場合は5種類あり

・イブ錠

・イブA錠

・イブA錠EX

・イブクイック頭痛薬

・イブクイック頭痛薬DX

となっています。

市販されている鎮痛剤は効果あるの?

市販されている鎮痛剤は効果あるの?

市販されている薬のロキソニンSやイブは鎮痛剤としての効果はあります。

この薬は関節痛や骨折痛、打撲痛などの症状にも利用されることがありますが、あくまで市販されている薬になりますので、酷く痛みを感じる場合には効果を発揮できません。

市販薬は誰が飲んでも大丈夫なように、効果を薄めているものなので、完全に痛みを消し去ることは難しくなります。

では、酷い痛みを抑えるにはどうしたらいいのでしょうか?

酷い痛みを感じる場合

酷い痛みを感じる場合

酷い痛みを感じる場合、まずは病院にて診察を受けることをお勧めします

そのうえで処方された薬を服用するのがベストです。

塗り薬の場合は塗布しましょう。

ですが、病院に行く時間がない!処方された薬を再度足を運んで購入するのがめんどくさい!

そんな方の為に、通販サイトがあるんです。

鎮痛剤を通販で購入するなら、何がおすすめ?

鎮痛剤を通販で購入するなら、何がおすすめ?

病院に行く時間がない!処方された薬を再度足を運んで購入するのがめんどくさい!

という方が通販サイトで鎮痛剤を購入する場合、お勧めの薬とは何なのかを紹介していきます。

お勧めするとしても症状によっても変わってきます。

頭痛の場合

rizact10mg
リザクト10mg(rizact)

リザクト10mgは片頭痛が起こった時にすぐ服用をすると、大体15分程度で効果が発揮されるので即効性がある頭痛薬です。

また拡張している血管を収縮させてその周囲に発生した炎症を緩和させる効果があるので、この効果が片頭痛の痛みを和らげると言われています。

市販薬と比べて効き目が強いので、副作用は勿論ありますが、どうしても市販薬で効き目を感じないのであればリザクトを使用してみるのもありかもしれませんね!

生理痛の場合

triquilar
トリキュラー(triquilar)

トリキュラー(triquilar)は低用量ピルで、避妊薬として利用されている薬になります。

この薬は避妊効果以外にも月経痛(生理痛)・貧血・月経不順の改善、経血の減少、子宮がん・卵巣がん・子宮内膜症・更年期障害などの予防、更にニキビ・肌荒れ・多毛の改善も期待できる薬になります。

ピルは日本では市販されていないので、病院で処方してもらうか、医療専門の通販サイトでの購入でしか入手することが出来ません。

肌トラブルからくる痛みの場合

lidocaine0.05
リドカイン5% (lidocaine)

リドカイン(lidocaine)は、局部麻酔の薬で、痔の痛みやかゆみ緩和、アトピーや皮膚のかゆみ、いんきんたむしや肛門などのかゆみ緩和などにも使用されるジェルタイプの治療薬です。

外的痛みに効果のある、鎮痛剤であると同時に、早漏対策にも使用できるんです。

ちんこに対してリドカインを直接塗布することで、ペニスの感覚を麻痺させて、早漏を防止する事も出来ます。

幅広い用途で使用できるので、常備薬として購入される方が多い薬になります。

陰部の痛みの場合

xylocaine-jelly0.02
キシロカインジェリー2% (xylocaine-jelly)

キシロカインジェリー2%(xylocaine jelly 2%)はリドカインと同様で、局部麻酔の薬になります。

尿道麻酔、気管内挿管など局部の麻酔などにも使用されているので、少し塗布するのに躊躇するような陰部などでも、安心して塗ることができます。

鎮痛剤(痛み止め)の副作用は?

鎮痛剤(痛み止め)の副作用は?

鎮痛剤を使用するにしても、副作用はあるんじゃないの?

と思う方は少なくないと思います。

これについて説明していきます!

頭痛に効果のあるリザクトの副作用とは?

リザクト(rizact)の副作用は嘔吐や下痢、高血圧、倦怠感、脱力感、動悸等が稀に現れる可能性があります。

また、心筋梗塞になった事のある方や末梢血管障害がある方、血液の透析中の方の服用は禁止されておりますのでご注意下さい。

生理痛に効果のある低用量ピルの副作用とは?

商品の説明欄に記載されている内容ですが、トリキュラー(triquilar)は確実に避妊できる限界までホルモン量を下げているため、他の避妊ピルに比べると副作用は少なくなっていますが、まれに血栓を発現させる恐れがあります。

血栓の発現には加齢と喫煙も関係しているため、ピルの服用にあたって禁煙すること推奨します。

加えて十分な水分補給・運動・健康的な食事によって、血栓を予防することができます。

肌トラブルに効果のあるリドカインの副作用とは?

リドカイン(lidocaine)は、主な副作用として発赤、腫れ、かゆみなどが報告されています。

大抵の人は副作用を感じないまま使用することができる、安心安全な薬です。

陰部の痛みに効果のあるキシロカインジェリーの副作用とは?

主な副作用としては、眠気、不安、興奮、霧視、眩暈、嘔吐、蕁麻疹などの皮膚症状、むくみなどが報告されています。

ですが、症状はいずれも軽症である上、発症率が低いものとなっています。

鎮痛剤(痛み止め)を通販で対処する場合

鎮痛剤(痛み止め)を通販で対処する場合

鎮痛剤(痛み止め)を通販で購入し、対処する場合に注意しなければいけないことがあります。

現段階で痛みが酷いから、通販サイトで鎮痛剤を購入したとしても、商品が手元に届くのには1週間前後の時間が掛かってしまいます

通販サイトで購入する場合は、もしもの時に備えて購入しておくか、元々病院で処方された薬の予備が欲しい!

という場合に通販サイトにて購入するのがベストになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

市販されている鎮痛剤(痛み止め)を使用しても効果を得ることが出来なかったのであれば、通販サイトで購入するという方法もあります。

またこれからに備えて事前に医薬品を通販サイトで購入し、常備しておくことも出来るので、万が一に備えた計画を立てておくことも必要になってくると思います。

痛みに対処できる計画的プランを自分の中で作り上げてみてはいかがでしょうか?

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

イエカラ薬局ページトップへ