イエカラ薬局 > お薬に関する記事 > 

集中力を上げる方法と持続力の高め方とは?通販購入で作業効率上昇!

集中力を上げる方法と持続力の高め方とは?通販購入で作業効率上昇!

いつも高いパフォーマンスを発揮したいのに集中力が続かない。

仕事や勉強、運動の際に集中できず、気が散ってしまう。

なんて事は誰しもが経験したことがあると思います。

実は人間は元々本能的な問題で、1つの物事に対して自然に集中することができない生き物なんです。

ですが、訓練することによって集中力を自分でコントロールすることが可能になります。

今回はこの「集中力」をつけ、向上させる方法について説明していきたいと思います。

Lリジン(L-Lysine)

L-Lysine

Lリジン(L-Lysine)はヒトが生きるのに必ず必要な必須アミノ酸、L-リジンを高容量含有しているサプリメントです。このサプリメントを毎日服用することで、疲労回復や集中力アップ、ヘルペス予防、発毛効果などに期待することが出来ます。

集中力をあげるための行動

集中力をあげるための行動

人間は元々、集中する能力はないんです。

それは生物的本能の部分が関係していて、外敵から攻撃される可能性がある時に、1つの物事に集中していると周りが見えなくなってしまうので、命の危機に陥ってしまう為なんです。

生きていくためには、集中しないことが重要だった時代があったのです。

その本能が現代でも残っている為、訓練しないことには集中力を身に付けることが難しいとされているんです。

では、どうすれば集中できるようになるのか?

実は集中しやすい環境作りや行動というものがあるんです。

やることを1つに絞る

やることを1つに絞る

やることを1つに絞ることで集中しやすくなります。

仕事の場合で表すとマルチタスクという言葉を聞くことがあると思いますが、複数の事に集中しなければいけない為、意識が分散されてしまいます。

ですが、やらなければいけないことなので、集中しないままではいけませんよね?

なので、「今、やるべきこと」を決め、そのことだけに集中しましょう。

例えば、パソコン作業をやらなければいけないのであれば、その作業を終了させてから、次の作業に移る。

この繰り返しで集中力は少しずつ身について自然と集中できるようになっていきます。

勉強の場合でも同様で、テストなどがある学生の方であれば、委員会や部活、友達付き合いなど様々な事に意識を向けると思いますが、「この時間は勉強」、「この時間は部活」と決めるのがベストになります。

何時から何時までは「この作業をする」と決めれば。1つの事に絞り集中しやすくなっていきます。

ブレイン・ダンプで意識を変える

ブレイン・ダンプで意識を変える

やりたいこと、気になることで頭の中がいっぱいになってしまい、集中出来ないというパターンもあります。

例えば、「スマホゲームをやりたい」、「友達や恋人からのメッセージの返信がきているか気になる」などがあります。

これに対してブレイン・ダンプと呼ばれる手法があり、紙などに「やりたいこと、気になること」を書き出し、頭の中から関心事を消すというものです。

また自分の関心のあることを書き出すという作業で、集中しているという感覚を覚えることも出来るんです。

慣れてきたら、頭の中で強く関心事をイメージして、頭の中をすっきりさせるなんてことも可能になります。

こまめな休憩をとる

こまめな休憩をとる

集中力を高めるにはこまめな休憩が必要になってきます。

集中するという動作には凄いエネルギーを消費してしまうので、そのエネルギーを確保する必要があります

社会人の方であれば、1日に8時間程度の時間はお仕事されると思いますが、この8時間もの間ずっと集中し続けることは出来ません。

集中力が持続する時間は長くても約1時間30分になります。

もちろん年齢によっても変わり、15分、30分、45分という場合もあります。

長時間もの間、集中すると凄い疲労感から集中力が低下してしまいますので、こまめな休憩をとり、自分をコントロールしてみましょう。

何故、集中力が続かないのか?

何故、集中力が続かないのか?

集中力が続かない理由は大きく分けて4つあります。

集中できるようになるのも一苦労ですよね。

まずは「何故、集中力が続かないのか?」について把握しておきましょう。

他からの邪魔や誘惑

他からの邪魔や誘惑

他からの邪魔や誘惑が入ってくることによって、1つの事に対して集中したくても、集中が続かないパターンがあります。

集中するためには1つの物事だけに取り組まなければしずらいものなので、他からの邪魔や誘惑があるだけで、集中できなくなります

もし出来るのであれば、何時~何時までは一人でいる時間(作業をする)と決めて、一人だけの空間と時間を用意するといいでしょう。

またスマートフォンでラインやゲームの通知がきてしまうと、そっちに意識が行ってしまうので、あらかじめスマートフォンの電源を切っておくの重要になってきます。

視覚から得る情報量が多い

視覚から得る情報量が多い

作業机に「本、メモ帳、お菓子、スマートフォン、資料」などを置いた状況で、作業に集中しようとしてダメになっていませんか?

人間は視覚からの情報を多く取り込んでしまうと、集中力は低下してしまいます

なので、集中したいという場合は、事前に作業するスペースを綺麗にしておくことと、余計なものは置かないようにすると良いとされています。

聴覚から得る情報量の多さ

聴覚から得る情報量の多さ

音楽を聴いて、集中力をあげる人もいると思います。

ですが音楽によっては、集中力を低下させてしまうものもあります。

聴覚は耳から情報が入り、それを脳内で情報を整理してしまいます。

例えば、静かな場所で作業中に、ひそひそ話をしている人がいた場合、かすかに聞こえた場合、無意識にその情報を頭の中で整理してしまい、その会話が気になり、集中できなくなってしまいことも。

視覚と同様で、人間の感覚は情報を常に脳に取り入れているため、なるべく感覚を使用しない方がいいともされています

もし集中するのであれば、雨音や波の音などの自然な音はリラックス効果があるので、集中しやすくなるのでオススメです。

精神的に不安定

精神的に不安定

精神的に不安定な場合も集中力を欠如させます。

うつ病や自律神経失調症になると、うっかりミスなどが増えてくるので、仕事でミスを引き起こしたり小さなことが気になってしまい、そのことで頭がいっぱいになってしまいます。

そして、自律神経が乱れることで余分なエネルギーを消費してしまうので、集中するときにエネルギーが足りず、集中できなくなります

そのためには、規則正しい生活習慣を身に付けたり、十分な睡眠をとることで、少しでも自律神経を安定させるようにしましょう。

うつ病や自律神経失調症はそう簡単に治すことが難しい病気なので、どうしても改善に時間が掛かってしまいます

そのまま放置せずに、病院にて精神安定剤を処方してもらうことをお勧めします

病院に行く時間がないのであれば通販での購入も可能になります。

バスパージェネリック5mg(buspon)

buspon5mg

脳にある神経伝達物質を安定化し、ドーパミンとアドレナリンの働きを高めるので落ち着いた気分になると言われています。不安障害があったり、感情を思ったようにコントロールする事が難しいという方に適した薬です。

▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

アリピゾル5mg (arpizol)

arpizol5mg

鬱病は気分が晴れない、悲観的になる、やる気がなくなる、集中できない、不安になる、不眠症(眠れない)といった症状がみられます。アリピゾル(arpizol)はうつ病や統合失調症の治療に使われる精神安定剤です。

集中するためには「始める」

集中するためには「始める」

集中できるようにする為には、行動をしてみる!が重要になります。

人間には作業興奮という性質があるので、実際に行動してみると、徐々に気持ちが上がっていき、集中できるようになっていきます

動き初めること自体がめんどくさいと感じ、行動しないと気持ちも乗らず、集中すること自体が次第にできなくなってしまいます。

そうならない為にも、何事に対しても「まずは始めてみる!」というのが大切になってきます。

ポモドーロ・テクニックで作業効率アップ

ポモドーロ・テクニックで作業効率アップ

ポモドーロ・テクニックは、短時間の集中を何度か繰り返すことで、作業効率を上げるテクニックです。

休憩⇒作業⇒休憩⇒作業を繰り返すことで、休憩も取れるので、常に集中できる状態を作り出すことが出来ます。

簡単に実践する方法としては、タイマーなどを20~30分後に設定し、タイマーが鳴ったら5分休憩を繰り返すだけです。

これだけで、集中力を持続できるようになってきます。

プレ・パフォーマンス・ルーティンを決める

プレ・パフォーマンス・ルーティンを決める

プレ・パフォーマンス・ルーティーンは主にスポーツ選手が行っているもので、物事に取り組む前にする動作のことです。

ゴルフの石川遼選手であれば、素振りを2~3回した後に、後方から打つ方向を見定め、アドレスに入るという流れになります。

サッカーの本田圭佑選手であれば、ピッチに入る際に手を地面につけたあとに、手を口に持ってく動作をします。

その他にも野球のイチロー選手やテニスの錦織圭選手、フィギュアスケートの羽生結弦選手も同様に自分なりのルーティーンを持っています。

いつもと同じ動作(ルーティーン)を行うことで、いつもと同じパフォーマンスを発揮することが出来るんです。

上記のスポーツ選手はこの動作を行い、結果を残してきたんです。

仕事や勉強でも同じように、自分の能力を常に発揮できるようにルーティーンを完成させることが出来れば、すぐに「集中モード」に切り替えることだってできるんです。

それでも集中できない場合は休憩・保留

それでも集中できない場合は休憩・保留

様々な方法を試した見たけども依然、集中出来ない場合もあります。

そんな時は一度、休憩するか、やることを保留にするのも1つの手です。

作業効率が上がらない時に無理をしても、大した結果を残すことはできません

しっかり休憩し、気分をリフレッシュすることで、翌日から頑張ってみるのも大切です。

ですが、どうしても今やらなければならない!

という事であれば、なるべく頭を使わないで良い、淡々とした作業から始めて、気持ちが上がってきたら、実際に行動していく方法もあります。

自分に合った方法を見つけてみましょう。

集中力アップの裏技

正当に集中力を上げる方法もありますが、実践する時間がない方もいると思いますので「集中力を上げる裏技」もいくつか紹介していきます。

温度による刺激

温度による刺激

温度による刺激を受けることで、軽い興奮状態となります。

冷水や温水などに手や足を浸して刺激するといいでしょう。

少し冷たい、少し熱いと感じるくらいの温度で大丈夫です

この軽い興奮状態で気持ちをあげ、作業に集中する態勢を作ることができます。

脳に酸素を送り込む

脳に酸素を送り込む

脳に酸素を送り込むことで脳を活性化させることで集中できるようにする方法もあります。

例えば作業前に、軽くスクワットをしたり、ストレッチなどをすると良いでしょう。

身体を動かさないで出来る方法としては、息を1度止めて苦しいと感じた際に大きく息を吸い込むなどがあります。

これらは体に酸素が足りなくなったことにより、酸素を取り入れようと体が自然と動き始めるので、少ししたら脳内がリフレッシュされ新鮮な状態で作業に入り、集中することが出来ます。

サプリメントの服用

サプリメントの服用

サプリメントの服用で体の基本的な部分から改善し集中しやすい様態を作り出すことも可能なんです。

この方法はもちろんサプリメントを購入する必要があるのでお金はかかってきますが、どうしても集中しずらいと感じるのであれば1度試してみるのもいいかもしれません。

またサプリメントなので、副作用などは殆どないですし、疲労回復効果であったり、免疫力を上げてくれたりもします。

サプリメントで集中力を上げたい場合【Lリジン(L-Lysine)】がお勧めになります。

Lリジン(L-Lysine)はヒトが生きるのに必ず必要な必須アミノ酸、L-リジンを高容量含有しているサプリメントで集中力向上や免疫機能向上、育毛効果、骨粗しょう症予防効果も見込めます。

また値段も安値なので、定期的に購入がしやすいという特徴もあります。

集中力向上のサプリメント「Lリジン(L-Lysine)」の購入

Lリジン(L-Lysine)

L-Lysine

<商品説明>

このサプリメントを毎日服用することで、疲労回復や集中力アップ、ヘルペス予防、発毛効果などに期待することが出来ます。


<使用方法>

Lリジン(L-Lysine)の服用方法として、1日1回1錠(1000mg)を水かぬるま湯で服用ください。

<注意点 副作用>

Lリジン(L-Lysine)の副作用は殆ど報告されていません。


▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

まとめ

いかがだったでしょうか?

集中力を上げるには様々な方法があるんです。

人によって集中力の付け方は違ってきますし、身につくまでの時間も変わってきます。

まずは何がいけないのかについて知ってくのもいいですし、とりあえず実践してみるというのも良いと思います。

自分に合ったスタイルで集中力を高めて、作業効率を上げて、快適な生活を送れるようにしていきましょう。

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

イエカラ薬局ページトップへ